· 

気功との出逢い

『気功』っていったい何なんだろう・・・

 

半信半疑のまま気功整体を行う中国国家認定気功師の施術を受けたことが、

気功との出会いでした。

 

当時、私は筋トレとフラッグフットボールに夢中で、週5、6日は運動をしていました。そんな時、事故で膝の内側側副靭帯を断裂してしまい、右脚全体を一ヶ月間、ギプスで固定しなくてはならない状態になりました。

 

もちろん痛みはありましたが、それよりもトレーニングが出来ないこととチームの仲間に迷惑をかけていることがツラくて、少しでも早く膝が良くなる方法はないかと懸命に探していたところ、友人から先述の気功師先生のことを教えてもらいました。

そもそも気功に対して懐疑的であったため、『ダメでもともと!』と思いながら、友人の顔を立てるために施術を受けました。

 

予約の日、整体院に行くと、50代後半と思われる男性の気功師先生が出てきて、対応して下さいました。彼は中国の方でしたが流暢な日本語を話していて、とても穏やかな優しい笑顔の先生でした。

 

私はギプスをしていたため、どうやって膝の手当をするのだろうかと思っていたところ、一通り問診が終わった後、施術台の上に仰向けになるように指示されました。すると間もなく、先生はギプスの上から手をかざし、何やら不思議なことを始めたのです。

『これ、なんか意味あるのかな・・・(^_^;)』

私は気功に大して期待もしていなかったので、と言うより、むしろ疑いの心満々で施術を受けていました。

 

すると・・・何ということでしょうか!!

ギプスの中に冷たい風が入ってくるのを感じたんです!!思わず私は、

「先生!何か涼しい感じがします!!これ何ですか???」

と、驚いて声を上げてしまいました。

すると気功師先生は、

「今悪い毒を抜いていますね。」

と、笑いながら教えてくれました。それがしばらく続いた後、今度は脚が次第に温かくなってきたんです(^_^;)

まるで温泉のお湯に脚を漬けているような感覚でした。

これまた聞いてみると、

「今は脚にいい気を送っています(#^^#)」

と、ニコニコしながら教えてくださいました。

その後、全身を整えて気を流していただき、気功施術が終わりました。

終わった後に感じた体の軽さと心地良さは、今まで体験したことのないような不思議な感覚でした。

 

そしてその瞬間、自分でも気功をどうしても学んでみたくなってしまい、その場で弟子入りを申し出ていました・・・(笑)

 

これが私と気功との出会いです。

 

ちなみに50代と思える風貌の先生の実年齢は・・・69歳でした(^_^;)